フォークギターの種類の詳細

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

人気のギター記事

トップページ >

アコースティックギターの種類・形状

> フォークギターの種類

フォークギターの種類

ギターにも様々な種類があるのは
お分かり頂けたと思います。

しかしながら、
その中でも更に細分化されます。

フォークギターでも
形状によって音の出方や音色が変わってきます。

■ドレッドノート
良く見かける形のギターですね。
高音から低音までバランスの良い音質です。

■ジャンボ
その名前のとおり大き目のサイズです。
低音や音量を求めるならこのタイプです。

■ラウンドショルダー

ドレッドノートよりボディの形状が
丸みを帯びたタイプです。

■OOO(トリプルオー) オーディトリアム
小柄なボディーで抱えやすく弾きやすいタイプです。
ネックのスケールが632.5mmと短く女性にも弾きやすいです。
弦高も高く無いのが多く、フィンガーピッキングに
向いていると言えます。

■OO(ダブルオー) グランドコンサート
OOO(トリプルオー)より小さめのボディーで弾きやすいタイプです。

■OM オーケストラ
小さめのボディーはOOO(トリプルオー)と同じ形状ですが、
ネックのスケールはドレッドノートと同じ645.2mm です。
胴が薄く音がはっきりとしています。

大体がマーチンやギブソンが大元となっています。
初めの内は分からない部分が多いと思いますが、
様々な曲やギターを弾いていくにつれ、
その形状の音質も分かってくるでしょう。

タグ:ギター