400万円のGibson ES335を弾いた感想の詳細

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

人気のギター記事

トップページ >

ギター音楽ニュース

> 400万円のGibson ES335を弾いた感想

400万円のGibson ES335を弾いた感想

カテゴリ:ギター音楽ニュース  
400万円の超高級ギターを弾いてみた!

2016年11月4日から3日間にわたって開催されている日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア」。弦楽器から管楽器まで、さらにはヴィンテージから最新技術を取り入れた機材までが一堂に集結するこのイベントは、ミュージシャンにとって宝の山と言っても過言ではないだろう。

http://rocketnews24.com/2016/11/04/821351/

楽器フェアが東京ビッグサイトで開催されていた様ですが、楽器フェアとか懐かしいですね。

久しくこう言った楽器フェアには行っていませんが、楽しいですよねぇ。

で、400万円と言う高額な値段で展示されていたGibson ES335を弾いた感想が書かれています。

文字では感想は伝えられない様で、動画で感じて下さいとの事。

いや、書かれている通り実際にはエレキであればそこ迄変わらないのは事実です。弾いている本人が満足いけば良いのです。

私が弾いた中で最も高かったのは200万円だったかな?それもギブソンでしたね。J200のヴィンテージ。

確かにJ200は良かったのですが、エピフォンEJ200の音の方が気に入っている。まぁEJ200の方も今やヴィンテージレベルの物ですが・・・

しかしGibson ES335ですか・・・かなり綺麗に残っていますね。
タグ:楽器フェア ヴィンテージギター Gibson ES335