コンデンサーマイク

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

トップページ >

コンデンサーマイクのタグ

コンデンサーマイクのタグが付いた記事

アコースティックギターのピックアップ・マイク・アンプについて 

ギターの音源を録音したり、ネットで音源を公開したり、ライブで弾いたりと、 そんな時に知っておくと便利なピックアップ、コンデンサーマイク、アンプについてです。 これらのギター機材は、ギターをラインで出力する為に必要な機材です。 ピックアップやコンデンサーマイク・アンプというのは、ギターの弦やボディから出る振動・音を拾い、信号に変換したり、音を拡声器の様に増幅する機材と考えていただければいいです。 これらの機材がなければ、ギターでのライブやインターネットでの演奏音源を公開するのは厳しいでしょう。路上で弾くのならば構いませんが、それでも周囲の音にかき消されるでしょう。 アコースティックギターのピックアップの種類 ■ピエゾタイプ ピエゾという名前の素子を使います。 エレアコに使用されているのはこのタイプが多いです。 ピエゾタイプは2種類あります。 ●コンタクトピエゾタイプ GUYATONE ( グヤトーン ) / GP-1 ギターのボディーに貼り付けてボディー板の振動を出力するタイプです。 パーカッシブ音などをしたい人はこのタイプになります。 音量を上げるとハウリングしやすい。 貼り付ける位置により音質が変化します。 貼り付けには専用の両面テープ等を使用します。 ●インブリッジピエゾタイプ(針金タイプ) FISHMAN ( フィッシュマン ) / AG094 ギターのブリッジにはまっているサドル(白い棒状の物)の裏に貼り付けて、 ギターの弦振動を出力するタイプです。 弦の振動だけを拾うので大音量でもハウリングは起こりにくい。 パーカッシブ音はほとんど拾いません。 ■マグネットタイプ LRBAGGS ( エルアールバックス ) / M1 サウンドホール(ボディーの穴)に取り付けて使う。 エレキギターと同じ原理で弦の振動を磁力で感知して出力します。 ●シングルコイル 高音・高域に適して綺麗な音がでます。 ノイズが多い。 ●ハムバック 中低音に適していて音質は歪んだ音がでます。 ノイズは少ない。 ハウリングは起こりにくいです。 音質はボヤーンとエレキギターの様な感じになります。 クラシックギター用の弦(ナイロン弦)は反応しません。 ■ブレンドタイプ FISHMAN ( フィッシュマン ) / RARE EARTH BLEND ピエゾやマグネット、コンデンサー等をミックスして それぞれの良い部分を取り入れたタイプです。 マイクの種類 ■ダイナミックマイク SHURE ( シュアー ) / SM58 カラオケボックスやスタジオにある様なタイプです。 大体が単一指向性(前面の音を拾う)なので余計な雑音が入りにくい。 振動や衝撃に強く丈夫で壊れにくいです。 主に中・低音域に対して拾音できます。 ■コンデンサーマイク RODE ( ロード ) / NT1-A 歌手などのレコーディング風景に良く出てくるガードされてたりするタイプです。 単一・無指向・双方向など様々な方向の音を拾うことができます。 スイッチにより切り替える事も可能なマイクもあります。 別に電源が必要です。 非常に広域・繊細な音まで拾音できますが、 衝撃や湿気に弱いので気をつける必要があります。 プリアンプ LRBAGGS ( エルアールバックス ) / PARA ACOUSTIC D.I. ピックアップやマイクで拾った音を増幅・変換する装置です。 アコースティック用などもあったり、 音質をより良くする為に必要です。 まぁざっとですが、こんな感じでしょうかね。 参考程度にこんなサイトもあります。 http://www.dougyoungguitar.com/pickuptests/ ピックアップもマイクにしても 手ごろな値段でギターを加工せずに使用できる物もあるので、 まずは、そこから始めてみるのが良いですね。

>>アコースティックギターのピックアップ・マイク・アンプについての続きを読む