スコア

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

トップページ >

スコアのタグ

スコアのタグが付いた記事

耳コピアプリChordana Viewer、これでスコアもタブ譜もいらない? 

耳コピが楽に! 楽曲コードを検出するiPhoneアプリ「Chordana Viewer」 カシオ計算機は、楽曲のコード進行を自動分析して検出するiPhoneアプリ「Chordana Viewer」の提供を開始した。価格は1,000円。このほか、任意の楽曲の伴奏を手軽に楽しめる無料アプリの「Chordana Tap」の提供もスタートした。 「Chordana Viewer」は耳でコード譜を書き起こす手間を軽減できるアプリ。独自の楽曲解析技術「Chordana」により、オーディオファイルから周波数分析や時間変化を分析して、曲のコードを検出することができる。 http://news.mynavi.jp/news/2013/11/12/210/
皆さんは耳コピをした事があると思いますが、最初の頃はあれ?という時は結構ありますよね。 そんな時はiPhoneの耳コピアプリChordana Viewerに助けてもらいましょう。 Chordana Viewerはカシオが作ったアプリだそうで、楽曲のコードを自動的に書き起こしてくれるくれる便利アプリとなっている。 へぇ、ちょっと良いかも、1000円?高い、やめた。初心者は良いかもしれませんね。使ったことないけど・・・ CDB166 ギタリストのためのハーモニー 耳コピで学ぶオンガクのしくみ フレットや弦の抑える場所も表示してくれるそうなので、スコアやタブ譜などの楽譜が要らなくなる? 便利な時代ですねぇ。頼りきってしまうと身につかないので、あくまでもアシスト的に考えた方が良いでしょう。

>>耳コピアプリChordana Viewer、これでスコアもタブ譜もいらない?の続きを読む

ギターの楽譜・スコアの見方 記号編 

ギターの譜面の見方が分かったら 更に色々な記号が書いてあるのに気付くでしょう。 それが、 いわゆるギターテクニックです。 では、一つづつ見ていきましょう。 ・H(ハンマリング・オン) 1回のピッキングで2つの音を出す方法 ・P(プリング・オフ) ピッキングせずに音を出す方法 ・C,Cho(チョーキング) 弦を上へ下へと持ち上げたり下げたりしてみてください。 音程が変わります。 ・S(スライド) 最初の音だけピッキングして 指定のフレットまで指を離さずスライドします。 ・gliss(グリス) 最初の音とスライド終着点にきたときも ピッキングします。 ※スライドする位置フレットが書いてないときは 大体2フレットや7フレット辺りから終始します。 ・×,B(ボディ・ストローク) ギターのボディーを軽く叩いて、 パーカッシブな音を出します。 ・M,×(ミュート) 弦を軽く押さえて、響かないように弾きます。 ・◆,◇(ハーモニクス) 12、7、5フレットの真上を軽く押さえながら 弦を弾いた時に出る音です。 ※押さえるというより軽く触れる程度 弾いたと同時に押さえている指を離すと綺麗にでます。 記号に関しては、 お使いの楽譜・スコアには 必ずと言って良い程解説が載っています。 文字を読んでも分かりにくいですので、 まずは試して見ることをおすすめします。

>>ギターの楽譜・スコアの見方 記号編の続きを読む

ギターの楽譜・スコアの見方 

ギターを弾くにあたって 楽譜・スコアは必需品です。 耳で音を取れない内は 楽譜・スコアを基に練習を重ねるのがベストでしょう。 楽譜・スコアにも幾つか種類があって、 学校等で見たことのある5線譜の他に TAB譜というギター専用の譜面が存在します。 ■TAB譜とは 楽譜の一番最初にTABと書いてあり、 5線譜ではなく6本の線で書かれています。 ギターを真上から見たてた楽譜です。 譜面上に書かれている数字は押さえるフレットを意味します。 6線譜の 一番上が1弦(細い弦) 一番下が6弦(太い弦) 例えば Gコードなら上(1弦)から 300023 と書く事ができますね。 この様に音符が読めなくても ギターのどの部分を押さえれば良いか 分かりやすく譜面にしたものがTAB譜と考えて頂ければいいです。

>>ギターの楽譜・スコアの見方の続きを読む