フィンガーピッキング

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

トップページ >

フィンガーピッキングのタグ

フィンガーピッキングのタグが付いた記事

フィンガーピッキング上達のコツ2 

●指が弦からずれる ●弦から右手が遠ざかる ●ベース音が響かない ●爪が引っかかる フィンガーピッキングをやり始めの方は、 この様な方が多いと思います。 ■指が弦からずれる ■弦から右手が遠ざかる 弦からずれてしまうのは、 まだ右手のフォームが定まっていないので、 仕方の無い事ですが、 小指もしくは小指と薬指をギターのボディに添えて 右手を支えるような感じで弾いてみてください。 右手が固定され、ギターと手の距離感がつかめます。 コードストロークにも言えることですが、 はじめのうちは脇を軽くしめましょう。 ギターも右手も軽く固定して、 自分の弾きやすいポジションを見つけてください。 そして、そのポジションである程度弾いてみて 弦と指、右手とギターの距離感を馴染ませてください。 まだ馴染んでない内から位置を変えると また同じ様な現象になります。 ■ベース音が響かない ブルースにかぎらず ベース音はフィンガーピッキングで重要な部分です。 コードストロークの様に手首をやわらかく、 親指を弦に押し付ける感じに弾いてみてください。 関節を曲げて弾くのではなく、 エドハルミとか高島ただお、もしくはスロット・・・ グッと「GOOD」のポーズをして押し付けるイメージです。 サムピックを使用するのも一つの手段です。 おすすめのサムピックの記事 ■爪が引っかかる 左手は手の平から見て出ない程度に 爪を手入れしていると思いますが、 右手の場合は手の平から見て少し出ている方が 綺麗な音がでます。 あまり長いと引っかかってしまい、 とても弾きづらい事になりますので、 爪の長さの調整をしましょう。 私の場合ですと、 手の平から見て大体1、2ミリ程度です。 軽く横を削ってあります。 サムピック以外にも人差し指、薬指様のピックがありますが、 引っかかりすぎて演奏すら出来なかった記憶があります。 私だけかもしれませんが、おすすめしません。 指先で弾いた後、爪にちょっと当てるイメージで といっても難しいので、 まずは手の平からみて1,2ミリ程度に調整してください。 その後、自分の弾きやすい様にして頂ければいいと思います。

>>フィンガーピッキング上達のコツ2の続きを読む

フィンガーピッキング上達のコツ1 

コードストロークに慣れてきたら、 次はフィンガーピッキングに挑戦してみましょう。 私はフィンガーピッキングが最初でしたが、 その様な方はフラットピックを弾いてみましょう。 どちらかしか弾けないなんて、 アコースティックギターの楽しさが半減してしまいます。 私もフィンガーピッキングしかやっていなかったおかげで、 コードストロークも基本コードすら押さえられませんでした。 どちらも楽しいですので、 曲によって演奏スタイルを変えていくと、 自分のギター演奏の幅が広がりレパートリーが増えていきます。 フィンガーピッキングでも、左手は基本的に同じ要領ですが、 問題は右手ですよね。 クラシックやフラメンコなどは、 右手のフォームにも規則的な事柄がありますので、 その方法を続ける事をおすすめします。

>>フィンガーピッキング上達のコツ1の続きを読む