記号

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

トップページ >

記号のタグ

記号のタグが付いた記事

ギターの楽譜・スコアの見方 記号編 

ギターの譜面の見方が分かったら 更に色々な記号が書いてあるのに気付くでしょう。 それが、 いわゆるギターテクニックです。 では、一つづつ見ていきましょう。 ・H(ハンマリング・オン) 1回のピッキングで2つの音を出す方法 ・P(プリング・オフ) ピッキングせずに音を出す方法 ・C,Cho(チョーキング) 弦を上へ下へと持ち上げたり下げたりしてみてください。 音程が変わります。 ・S(スライド) 最初の音だけピッキングして 指定のフレットまで指を離さずスライドします。 ・gliss(グリス) 最初の音とスライド終着点にきたときも ピッキングします。 ※スライドする位置フレットが書いてないときは 大体2フレットや7フレット辺りから終始します。 ・×,B(ボディ・ストローク) ギターのボディーを軽く叩いて、 パーカッシブな音を出します。 ・M,×(ミュート) 弦を軽く押さえて、響かないように弾きます。 ・◆,◇(ハーモニクス) 12、7、5フレットの真上を軽く押さえながら 弦を弾いた時に出る音です。 ※押さえるというより軽く触れる程度 弾いたと同時に押さえている指を離すと綺麗にでます。 記号に関しては、 お使いの楽譜・スコアには 必ずと言って良い程解説が載っています。 文字を読んでも分かりにくいですので、 まずは試して見ることをおすすめします。

>>ギターの楽譜・スコアの見方 記号編の続きを読む