D18

アコースティックギター初心者のサイト

アコースティックギター初心者を対象にしたギターや音楽の情報サイトアコースティックギターの比較や口コミの紹介やアコギのレビューや弾き方などもあります。様々なギターや音楽の動画も紹介していきますね。

トップページ >

D18のタグ

D18のタグが付いた記事

最高のギター Martin マーチン D18 

Martin マーチン D-18 ■Martin マーチン D18のギタースペック TOP:Solid Spruce TOP BRACES:Standard 5/16 BACK MATERIAL:Solid Mahogany SIDE MATERIAL:Solid Mahogany NECK MATERIAL:Select Hardwood NECK SHAPE:Low Profile HEADPLATE:Solid East Indian Rosewood/ Raised Gold Foil Logo FINGERBOARD MATERIAL:Rosewood SCALE LENGTH:25.4"(645.2mm) # OF FRETS CLEAR:14 # OF FRETS TOTAL:20 FINGERBOARD WIDTH AT NUT:1 11/16"(42.9mm) FINGERBOARD POSITION INLAYS:Style 28 FINGERBOARD BINDING:none FINISH BACK & SIDES:Polished Gloss/ Maple Stain/ Dark Filler BRIDGE MATERIAL:Solid East Indian Rosewood TUNING MACHINES:Grover BRIDGE & END PINS:Black w/ White Dots PICKGUARD:Black ギターといえばマーチンと言う位、有名なギターメーカーであるマーチンMartin。 そんなマーチンギターの代表格がMartin マーチン D18です。 古くから弾かれているMartin マーチン D18。その素晴らしさを物語っています。 全体的な音のバランスが良く、煌びやかな音質が魅力です。 音の立ち上がりも良く、クリアな音を感じることができるでしょう。 伸びの良いサスティンがマーチンギターの魅力ですが、このMartin マーチン D18ではそれを感じることができます。美しい音色・和音を楽しんでください。 伝統的なドレッドノートで弾きこみましょう。 しかし、残念ながら最近のマーチンギターは、あまり評判がよくありません。 昔ながらのギター製法を再現したコリングスが人気があるように、多少の音の変化はあります。少々高価ですが、中古で60・70年代のMartin マーチン D18が買える場合があります。 後は、昔のギター製法を再現したモデルなども出ております。 ギター製法、木の材質、経年による音の抜け、どれをとっても現在のマーチンとは違うMartin マーチン D18を探して見ましょう。 Martin マーチン D-18の一覧ページ

>>最高のギター Martin マーチン D18の続きを読む